入居者を守る最後の砦!信頼できるところへバトンタッチ!

簡単にやめることができないのが高齢者住宅事業。
取り返しがつかなくなる前に、出口戦略を実践しましょう。
サ高住事業はその6割が赤字事業になっていると言われています。
新規参入も多かったことから、サ高住事業の赤字が本業に悪影響を及ぼしている実態も看過できません。

本業の屋台骨を揺るがす前に、事業撤退も賢者の決断です。

事業撤退することは恥ずかしいことではありません。
高齢者住宅事業は、事業を畳むのは非常に難しい事業です。

実質的な事業撤退の在り方は、事業継続できる事業者へバトンタッチをすることです。

早め早めの決断が先行きを明るくします。
事業改善と同時に、プランBの準備も進めていきましょう。

デューデリジェンス費用などの初期費用が掛からないので、お気軽にご相談ください。

M&Aパッケージ

診断 デューデリジェンスは無料です。
成功報酬 事業の規模に関わらず、一律100万円