赤字でもあきらめちゃダメ!まだ再生できるチャンスはある!

サ高住事業に進出したものの、赤字で苦しんでいる事業者さんは相当多いです。
あなただけではありません。
まだ突破口はあります。手遅れになる前に今すぐご相談ください。

サ高住が赤字の理由。

サ高住の倒産が止まりません。全国の60%のサ高住が倒産するというお話は聞いたことがあるでしょう。
経営悪化しているサ高住は、概ね、

・建物を豪華につくりすぎている(投資額が高すぎる)。
・共用部分をゆったりつくりすぎている(レンタブル比が低い)。
・借り上げている賃料が高い。
・介護保険報酬を見込みすぎている。
・介護保険事業を組み込んだモデルにしているので、スタッフ確保で苦労している。
・家賃を低く設定しすぎている。
・人員体制が多すぎる。

のどれかが当てはまります。

タイプとしては、入居者像に対して全体的に商品が整合性を取れているけれども、全体的にダメ、になっているか、もしくは、入居者像に対して、商品が体系だっていない、というパターンに分かれます。

商品を体系的に再構築

サ高住で最も重要なのは「入居者像」です。
その「入居者像」に対してどのように商品体系をかたちづくっていくか?ということが重要です。
商品体系を構成する要素は以下の図の要素なのですが、残念ながらちぐはぐになっているサ高住がほとんどです。

RE-STRUCTURINGパッケージ

診断 経営数値をもとに、「入居者像」と商品体系が整合性を取れているか?の診断を行います。
また、経営者へのヒアリング、スタッフへのヒアリングを通して、ガバナンスの問題等もチェックします。
コンセプト変更 診断を受けて、コンセプトの見直しや「入居者像」の変更を行います。
ハード変更・賃料交渉 当事者ではなかなか難しい賃料交渉も行います。
サービス設計変更 サービス内容に問題がある場合は、サービス設計を一から見直し、変更いたします。
運営システム変更 人員体制や、事業連携社との役割分担等の見直しと変更を行います。
価格変更 家賃やサービス費、その他の見直しを行い、必要に応じて価格変更を行います。
入居者募集 空室が目立つ場合は、入居者募集支援を行います。営業指導をはじめ、セールスステップの構築と指導を行います。
入居者説明 随時、既入居者への説明が必要になった場合は、説明いたします。
行政手続き支援 必要に応じて行政への説明、手続きが必要になった場合は支援致します。

RE-STRUCTURINGフィー

期間 6か月間
診断フィー 30万円(初回のみ)
基本報酬 月額10万円(10万円×6か月)
成功報酬 着手時と完了時(6か月後)の月次収支改善額の50%
例)着手時 -50万円 完了時 +50万円の場合は、収支改善額が100万円になるので、その50%の50万円が成功報酬となります。
完了時の1度きりの支払いでOKです。